DIY作業には作業着が便利、女性ユーザーの間で流行るpixiv

作業服17

作業着とはその名前の通り、作業用の服です。主に車の整備や工場などの現場で使われています。仕事用のユニフォームを指す事が多いです。一般的な衣類ではそういった現場での作業は安全に進められません。色々な工具や業務用の機械が置かれている現場では常に安全第一です。

足や指、腕などにケガを負わないように作業着を正しく着る事が各現場で義務付けられています。

機能性と安全性とデザイン性

電動工具の刃や業務用の機械から飛び散る火花、そして各スタッフが利用する道具など、正しく利用していても、ささいなトラブルからケガを負うリスクがありますので、労働災害を防止する意味でも作業着は必要不可欠なものです。

スタッフの安心感のためにも大事な要素であり、安全性を高めつつもフットワークが良かったりデザインの良い物が好まれています。一昔前はデザインや機能性は重要視されていませんでした。労災を防ぐ目的が最優先され、動きやすさや機能性、デザイン性等は少々悪かったですが、近頃では各メーカーが企業努力を重ねて、機能性と安全性とデザイン性の三点を見事に両立させた物が市販されています。

元々は主に製造業や建築現場の最前線で使われていたユニフォームですが、最近は一般ユーザーの間でも普及が進んできています。

DIYが大流行

DIYが一般ユーザーの間でも大流行です。ホームセンターにはDIYに役立つアイテムと材料が多数並んでいます。日曜大工という言葉は昭和の頃からありました。言い方が今風なだけで文化自体は日本に根付いたものです。

ただ昭和の頃は今のように一般ユーザーでも手軽に使える道具がありませんでした。そのため大工が得意な方しかできない趣味でした。更にノコギリやハンマーは重たくて当然電動ではなかったため、力に自信があり手先が器用な男性向けだったのです。

ところが最近では電動ハンマーや電動ドリル、電動ドライバーなど多種多彩なDIYグッズが販売されています。非力な女性でもそういったツールを活用すれば、思った通りに材料を加工したり釘を打ち付けられます。使い方も従来の大工道具を比べると簡単です。

今までは専門家だけしか知らなかった日曜大工の知識や技術も、ネット動画サイトやテレビ番組、そして雑誌や専門誌に多く掲載されるようになりました。

DIYに使える作業着

DIYの利点は自分好みの家具や雑貨が作れる事です。電動ドリルや電動ドライバー等は安全な道具ですが、作業中はケガのリスクが潜んでいるため、安全が第一です。普通のカジュアルな衣類では腕や脚がむき出しです。更に万が一の事を考えて、頑丈な素材で出来た服を着ていた方が安心感がありますし、ペンキを塗ったりすると、その飛沫が衣類につく事がありますので、おしゃれなTシャツやデニムパンツで作業するのはあまり良くありません。

作業着にはポケットが沢山ついており、目印をつけるための鉛筆やマーカーなどを自然と収納出来ます。メジャーやハンカチやメモや設計図、スマートフォンなど多種多彩なアイテムを胸やボトムスのポケットに収納でき、両手を上手くフリーに出来るため、大工の作業がとても捗ります。

頑丈な素材で出来ているため、多少ラフに扱っても平気です。更に汚れにも強く、洗濯も最近では家庭用の物で普通に出来ますし、ペンキや油の汚れが付着しても、いわゆる普通のTシャツとは違い不格好にならず、汚れもまたある種の味になるのが作業着の面白いメリットでしょう。

ダメージジーンズのようにある程度汚れていた方が格好いい、そんな雰囲気さえあります。

作業着に適した材質があります

イラストも人気

DIYに加え最近女子の間で流行っているのがイラストを描く事です。日本には色々な漫画やアニメのジャンルがあります。少年漫画や少女漫画、ボーイズラブや青年向けの作品など大まかなジャンルだけでも多種多様です。

更に作品ごとにアクションやサスペンスやラブコメやホラーや日常物など細分化されています。近頃では女性の方が実は少年誌をよく読んでいたり、ロボット物やSF作品やラブコメに熱中しているとも言われ、自分で二次創作をしたり、オリジナルデザインのイラストをpixivと呼ばれるイラスト系SNSにアップロードしているのです。

pixivは交流が出来るイラスト特化型SNSであり、自由に誰でも好きなイラストを投稿出来るのが良いところです。二次創作のイラストが多くの割合を占めていますが、ユーザーが自分で考えたキャラクターの物も少なくはありません。

更にコスプレを題材にしたタグも人気を集めています。

作業着や戦国時代の鎧やRPG風の衣装など、こういったコスプレ的なイラストがpixivでは人気を集めています。

イラスト作画はDIYの作業とは違いますが、Gペンでペン入れをしたり、水彩絵の具で美少年キャラのカラー作業をする際、油絵で本格的な絵画を描く場合などは衣類が汚れる可能性大です。普段着で作画作業をすると、インクや絵の具の汚れや染みが気になりますので、汚れても良い衣類があると便利かもしれません。