作業着に適した材質があります

作業服26

作業着にはいくつか種類や特徴があります。例えばジャケットタイプは作業する際、服の上から羽織ることができるものです。いろいろなメリットがあり、着脱しやすかったり私服の上から着ることができるので便利です。作業時の汚れを簡単に予防することができ、簡単に着脱することができます。

中にはベストタイプや女性用タイプもあり、最近冷却用ファンが備わった空調服も登場していて人気です。熱中症を予防することができ、現場に導入している企業もあります。

オールシーズン使える作業着

作業用シャツは半袖タイプや長袖タイプがあり、半袖タイプは熱中症などを対策することが可能です。長袖タイプは手首まであるので安全性がより高めることができます。どちらもオールシーズン着用することができ、夏などの暑い時期において単体で利用することも可能です。

冬はジャケットのインナーとして着用することができるでしょう。ポロシャツタイプは吸水性や伸縮性などが優れていて、夏場に重宝されています。作業用パンツは「ワークパンツ」と呼ばれており、カーゴタイプとスラックスなどがあります。

カーゴタイプは左右の膝の上にポケットが付いていて、工具を入れておくのに便利です。スラックスはシンプルで機能的な作りになっており、スマートに着用することができます。

つなぎタイプの作業着

つなぎタイプは首から足首まで一つに繋がっているタイプの服です。オールインワンやジャンパースーツなどと呼ばれており、服が上下で繋がっているのでウエストからほこりや汚れが入ってこないなどのメリットがあります。

作業着にはいろいろな材質が利用されていて、例えば綿素材があります。特徴として汗の吸いが良かったり、肌触りが良いです。燃えやすいですがゆっくり燃えるので安全性は優れています。速乾性がないので洗うと縮みやすい特徴があり、色落ちがしやすいでしょう。

ポリエステル65%と綿35%が混合したT/C素材は、汗の吸いが良かったり、別名「黄金の素材」と呼ばれているほど優秀な材質です。ハードワークに対応することができ、洗っても縮みにくい特徴があります。

引き裂きに強いのでいろいろな現場において利用されています。ポリエステル素材の特徴として、洗っても縮まなかったり伸縮性に優れているので人気です。洗濯した後の乾きが早かったり色の発色性も良いでしょう。価格がリーズナブルなのでコストを抑えて購入することが可能です。

作業着を選ぶポイント

作業服を選ぶ際いくつかポイントがあります。例えば汚れやほこりなどを気にすることなく、安全に作業を進めるのに役立つような作業服がおすすめです。用途や職種などによって必要な機能や加工は異なりますが、根本的な部分は共通しているでしょう。

実際作業を行う作業者にとって重要なのは着心地になります。吸水性や通気性・ストレッチ性などに関して、着ている人がストレスを感じないような作業服が望ましいでしょう。耐久性や形態安定性・防汚性といった項目も確認しておくと、長く愛用することが可能です。

電気工事や電気設備工事において、素材や機能、実用性や動きやすさなどのさまざまな面に気を使わなければいけません。最近は開発が進められており専門性の高いものも販売されています。作業服として強固であることは大切ですが、着心地も重要なポイントです。

大きく動くようなシーンでも無理なく動くことが必要になります。丈夫な材質で作られていても動きやすさがないと服として機能しないので、着心地もきちんと確認してから購入すると良いでしょう。

着やすさと動きやすさが重要

作業服によって着用した時身体の負担を軽減するよういろいろな工夫が行われています。肩に負担がかかるようなアームホールを使わなかったり、肘や膝などの曲げ伸ばしに影響がないかも大切です。動きやすいデザインになっているものが良く、作業に集中するため快適な清涼感や保護性なども求められます。

服によって接触冷感素材が使われていたり、夏場の暑さに対応しているアイテムもあるので便利です。特に夏場は吸汗速乾はもちろん、清涼感などのある服を着ると暑さから集中力を奪われることなく仕事に専念することができるでしょう。

制電性も求められるので、購入する場合は規格に対応しているかや帯電防止用の服を選択することをおすすめします。製造現場や工場における作業着の選び方として、着やすさや動きやすさが重要です。

着ている服を変えると仕事の効率がアップすることもあり、特に専門的な製品などを取り扱う現場では着心地は重要になります。

高品質の作業着を手がけるdimo

長時間でも快適に

屋内での作業において厚手の生地は動きにくくなることが多いので、なるべく薄手で丈夫な材質で作られたものが良いでしょう。腕や肩周りが動かしやすいよう特別にカットしている作業服なら、スムーズな動きを行うことが可能です。

特に制電防止や帯電防止などの機能があるものが人気です。精密機械を扱う工場において静電気やほこりは大敵になるので、品質を守るため制電や帯電機能があると便利です。速乾性や吸水性に優れている服は素早く汗を吸収し洗濯した後も乾きやすく、中には抗菌消臭加工済みの服もあるのでニオイがしにくかったり、長時間作業でも快適に動くことができます。